上手に選べば楽しめる

せっかく家から遠い所に合宿に行くなら、ついでに観光をしたいと考える人は多いので、人気の観光地で教習を受けられることを売りにしているプランは非常に多いです。合宿というと1日中授業を受けなければいけないと思われがちですが、空き時間も多く外出もできます。また観光ができることを売りにしている場合は、期間中に半休や休日を設定していることが多く、観光スポットに送迎してくれることもあります。夏休みなどに友達同士で参加すれば、教習とレジャーの一石二鳥ができます。グループでなくても、合宿で知り合った人と一緒に出かけるなど、新たな出会いにも期待できます。

最近では子供と一緒に寝泊まりできる教習所も増えてきています。シングルマザーなど子供を預けられる先がない人でも、一緒に泊まれて授業中は預かってもらえるので安心です。休校日に子供と一緒に出かけることもできるので、旅行気分も楽しめます。

観光以外にも、エステやケーキバイキングなどのサービスが受けられたり、教習車がなかなか乗る機会のない高級車という教習所もあります。中には農家に宿泊して農作業を体験できるという変わったプランもあります。2週間も休みを使うのですから、せっかくならいつもと違う体験も楽しめる教習所を選んでみてはいかがでしょうか。

教習所の選び方

通学の場合は約3カ月にわたって通うことを考えると、自宅や学校、職場に近いなど立地が最も重視するべきポイントになります。送迎を行っている場合も範囲には限度がありますし、遠い教習所だと交通費もかさんでしまいます。そのため多くの場合はそもそも選択肢に上る数が少なく、迷うことはないかもしれません。

一方合宿の場合、立地はさほど関係ありません。観光を兼ねて自宅とは遠い場所の教習所を選ぶという人も多いです。教習所としても選んでもらうためにサービスを充実させていて、人気の観光地へ遊びに行く時間を確保していたり、交通費を負担してくれたりという売りを用意していることも多いです。

合宿ではたくさんの教習所から選択することができるので、あらかじめ自分が重視したいポイントを確認しておくといいでしょう。たとえば食事が出てくる所もあれば、自炊の代わりに料金が安いため節約できる所もあります。相部屋だけでなく、追加料金を払えば個室にできたり、グループで申し込むと割引がある場合もあります。選ぶときにぜひチェックしてほしいのが、追加料金についてです。合宿の場合は約2週間で卒業できるようにスケジュールが組まれていますが、合格できなければさらに数日追加で講習や試験を受ける必要があります。その場合、宿泊日数が延びたり講習時間が増えることになるので、通常追加料金がかかりますが、教習所によっては無料です。せっかく合宿で安く済ませようと思ったのに、追加料金で思ったよりお金がかかってしまったということになりかねないので、必ず確認しておきましょう。

外部リンク|http://www.menkyo-takumi.com/
再試験を受ける場合の追加費用が発生しない合宿免許情報を掲載している免許の匠です。

自動車教習所について

運転免許を取得するためには、ほとんどの人は自動車教習所に通うことになります。必ず通わなければいけないわけではなく、いきなり本番の試験を受ける一発試験というものもありますが、初めての運転で受かるほど簡単なものではありませんし、運転技術や判断力を鍛えたり、正しいルールやマナーを知るという意味もあり教習所に通うのが一般的です。そして教習所の中にも、通学と合宿があります。

通学の場合、学校と同じように時間割に合わせて教習所に通うことになります。合宿では教習所の近くのホテルなどで寝泊まりし、短期間で集中して講習を受ける方法です。どちらの方法でも、実技や筆記の講習内容は変わりません。どちらも卒業試験がありますが、合格基準も同じです。どちらが良いのかと悩むのではなく、メリットを比べてみるといいでしょう。

教習所に通う場合のメリットは、1日あたりの講習時間を自由に設定できることです。平日はあまり時間がとれないという人なら、平日は1コマ、土日に数コマという取り方もできます。合宿の場合、大きなメリットは期間の短さと費用の安さです。通学の場合、通常3カ月前後かけて講習、試験を行いますが、合宿の場合は2週間ほどで集中して行います。費用には宿泊費や食費なども含まれていますが、多くの場合通学よりも安く設定されています。では、通学か合宿か決めた後はどのような基準で教習所を選べばいいのでしょうか。選ぶときに気にしたいポイントについて説明します。